pichio candle (ピチオキャンドル)

キャンドルのこと、日々のことを綴っていきます。 https://www.pichiocandle.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

福島県 こけしの旅(2)

今年に入って急に大好きになった東北の伝統こけし。
夏休み最後の思い出に、福島県へ2泊3日「こけしの旅」に出掛けました~。

こけしの旅、2日目。
福島駅からレンタカーで約30分の土湯温泉へ。
山の中にある趣のある温泉地で、ゆったりした時間のなか
山から流れる川の音を聞きながらの散歩が気持ちよかった~。

  IMG_6070.jpg

  IMG_6042.jpg  IMG_6032.jpg    

事前にお電話していた土湯系の陳野原幸紀工人との約束の時間になるまで、
散歩をしながらお土産屋さんを巡りました。

早い時間でしたが何軒か開いているお土産屋さんのうちの一つ、
「山根会津屋」に入りました。
入口にいらっしゃったおじいさんは、
なんと!渡邉忠雄工人!!
渡邉工人のご自宅がお土産屋さんだったのです。

中に入ってずらりと並ぶこけし達を見ていると
工人と奥さまが出てこられ、こけしの話を沢山してくれました。
私が滋賀県から来たことを知ると、
「それならこの資料を見せてあげよう」と工人が写真を見せてくれました。

それは、滋賀県東部、永源寺の奥にある「君ヶ畑」というところが 
こけしを作るときに使うロクロの発祥の地とされているとのこと。
9世紀後半、惟喬親王(これたかしんのう)がこの地に隠棲した折、
轆轤(ろくろ)で木地を加工する技術を編み出したのが始まりとされているそうです。
( ↑ 難しいので調べたものを載せてます)

渡邉忠雄工人は、昭和49年に工人仲間と一緒に
惟喬親王を祀っている神社「大皇器地祖神社(おおきみきじそじんじゃ)」、
「筒井神社」にお参りに行かれたそうで、そのときの写真を見せてくれたのでした。
ゆかりのある滋賀県から来てくれた、と言っていろんなお話をしてくださいました。


↓ そして、渡邉忠雄工人のこけしを購入。
 帽子をかぶっていたり、こけしの姿、お顔がなんとも言えません!

  IMG_6127.jpg  IMG_6126.jpg
  

約束の時間になったので、陳野原幸紀工人の工房へ。
こけしを見せて頂くと今は4本しかない、とのこと。
2012年8月31日-9月2日、宮城県鳴子温泉街で行われる
「第58回全国こけし祭り」に大量にこけしを送ったとのことでした。
ですが、↓ こちらの左と真ん中の2本を購入。
  
  IMG_6124.jpg
   
 右側のこけしは工人から頂いたもの。
私がcochaeさんの本「kokeshi book―伝統こけしのデザイン」 に
載っていた陳野原工人のこけしが欲しかったと言うと、
失敗品だけど・・・、と頭と胴体をつけてプレゼントしてくださいました。
本当に優しい工人。

さらに、小さなこけしに絵付けしてみるか?と言っていただき
作業台に座らせてもらって、初めての絵付け♪

  IMG_6135.jpg


さらに~、こけしを挽くところを見せて頂きました。
  
  IMG_6054.jpg

ロクロの発祥の地が滋賀にあることや、こけしの歴史、美轆会(みろくかい)のこと、
大阪こけし教室のことなど、いろんなお話を伺うことができました!
本当に親切にいていただき、昨日に引き続き大感激でした~!!


その後、先ほどの陳野原工人とお話しているときに
偶然工房に来られたアート好き女子と一緒にこけし巡りをして
一緒に陳野原工人の蕎麦屋さんに行きました!

「山菜天ぷらざる蕎麦」を注文~♪

  IMG_6061.jpg  とってもおいしかったです(^o^)


その後、アート好き女子はおうちに帰るとのことでバス停までお見送り。
日帰り温泉で露天風呂に入り、本当に気持ちがよかった~(^O^)
土湯温泉、本当に良いところでした!
皆さんもぜひ行ってみてください~。
 


PageTop

福島県 こけしの旅 (その1)

今年に入って急に大好きになった東北の伝統こけし。
出会いはcochaeさんの本「kokeshi book―伝統こけしのデザイン」でした。
とっても可愛くて東北伝統こけしのことがよーく分かります。

夏休み最後の思い出に、福島県へ2泊3日「こけしの旅」に出掛けました~。

まずは1日目。
福島駅からレンタカーで1時間ちょっと。猪苗代町に到着。
事前にお電話していた土湯系中ノ沢の「柿崎文雄工人」宅へ向かいました。

  猪苗代
 柿崎工人のお宅近くの風景。
 後ろにはには磐梯山がきれいに見えて、田んぼと蕎麦の花が満開でした~。


いよいよ柿崎文雄工人のお宅へ!
看板がなく、しばらくウロウロしているとご本人がお迎えに出て来てくださいました。
初めての工人さんお宅訪問で少し緊張していましたが、
優しそうな工人のお人柄がすぐにわかり
すっかりリラックスしてしまいました~。

自宅にお邪魔して念願の「たこ坊主」を見せて頂きました。
キャー、可愛すぎる!!
「ゆっくり見てね~」と柿崎工人。
さんざん迷って ↓ こちらを購入。

   IMG_6132.jpg

自宅の畑で朝採れたミニトマトや茹でトウモロコシをご馳走になりながら
中ノ沢のこけしの事、柿崎工人の師匠のお話などなど・・・、
いろんなお話を伺うことができました。

そして「今日は特別に野口英世記念館まで案内してあげるよ~」と柿崎工人。

  IMG_6004.jpg
 磐梯山の中腹、昭和天皇が昭和45年に松を植樹した場所がある公園からの風景。
 猪苗代湖と田んぼと空が本当にキレイでした~♪



  IMG_6011.jpg     IMG_6014.jpg
      蕎麦の花が満開~。                野口英世記念館、生家

工人のお宅に戻り、ご自身で造られた素敵なお庭と工房を見せて頂きました!
「またぜひ猪苗代に来てね~!」と何度も言っていただき
名残惜しくホテルに帰りました。

本当に親切にしていただいて大感激!!
実際にお宅に伺って、どんな方が作られているのか
お人柄を知ってこけしを見せていただくのは格別でした~。
柿崎文雄工人、本当にありがとうございました~。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。